無職 カードローン

無職でもカードローンで融資が受けられるか?

カードローンを利用している方も多いと思います。他のローンに比べると金利は高いのですが、その分審査が早くて、急な必要にも対応して融資してもらえるのでとても助かります。ただ、だれでも利用できるというわけではなく、安定した収入がある20歳以上の人がカードローンに申し込めます。ですから、自分に収入がない無職の人は原則、申し込みができないことになりますね。でも、中には無職の人でも融資を受けられるカードローンもあります。

 

 

ひとつは無職の専業主婦が申し込めるカードローンです。銀行カードローンなら、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、みずほ銀行などのカードローンで無職の専業主婦も融資が受けられます。その他の地銀でも無職の専業主婦が申し込めるカードローンがあるので地元の銀行で聞いてみてください。銀行カードローンに無職の専業主婦が申し込む場合でも、配偶者の収入証明書が必要になることはなく、自分の本人確認書類だけで契約し融資してもらうことができます。本人確認として提出できるのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。消費者金融のレディースローンも無職の主婦が申し込みができますが、契約して融資を受けるためには、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。また、借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になることもあるので、ちょっと面倒です。ただ、消費者金融のレディースローンは、審査が緩めなので無職の主婦も融資をしてもらえる可能性が高くなります。

 

そのほかには、年金受給のみの無職の方が申し込めるカードローンもあります。銀行カードローンなら新生銀行のカードローンレイクが、年金受給のみの無職の方でも融資を受けることができることになっています。レイクは金利は高めですが、年金受給のみの無職の方が申し込める数少ないカードローンです。それから、無職の学生が融資を受けたい場合は、消費者金融の学生ローンに申し込むことができます。無職でも、仕送りなどで毎月一定の収入があれば契約して融資してもらえることもあります。

 

このように無職でも融資してもらえるカードローンはいくつかあります。小さな消費者金融なら、現在無職でも勤務先は決まっているというような場合でも融資してくれることがあります。借り入れを検討している無職の方で条件に適っているかたなら消費者金融に相談してみてください。

 

お年寄り