カードローン 金利 限度額

カードローンの金利と限度額について

お金キラキラ

カードローンは女性や若者にも人気の金融商品です。アルバイトでもパートでも申し込みができますし、無職の専業主婦や仕送りだけで生活している学生、年金受給のみの無職の人も申し込めるカードローンもありますね。

 

カードローンの金利は、他のローンに比べると高くなっています。というのは、あらかじめ貸し倒れのリスクを見込んでいるので、金利を最初から高めに設定しているわけです。融資する対象は正社員の人だけではないので、それだけ貸し倒れのリスクも高くなるわけです。無職の専業主婦に融資する場合にも、配偶者の属性などをチェックすることはないので、やはりリスクがあります。無職の年金受給者に融資する場合も同様です。それで、銀行カードローンの場合の金利は大体実質年率4.5%〜14.5%程度、消費者金融の場合は実質年率4.5%〜18.0%ぐらいになっています。消費者金融の方の金利が高いのは、審査が緩めなので融資しても貸し倒れのリスクが高いからです。

 

カードローンの限度額は、500万円というところが多いですが、中には800万円までというところもあります。消費者金融のレディースローンや学生ローンの場合の融資額は50万円程度になっています。限度額はその人の属性によって決まるので、属性が思わしくなければ低い限度額が設定され融資額が少なくなります。金利は限度額によって決まるので、限度額が低ければ金利も高い方が適用されます。無職の主婦や無職で年金受給のみの方、親の仕送りだけで生活している無職の学生も限度額は低く設定されるので、金利は高い方が適用されます。ですから、年率14.5%とか消費者金融なら18.0%になりちょっと返済負担が大きくなりますね。限度額は後で増額の申込みもできるので、カードローンの利用状況が良好なら、増額の申込みが受理されて、もっと多くの融資を受けることが可能になりますよ。