カードローン 申込み 流れ

カードローンの申込みから融資までの流れ

カードローンの申込みはパソコンやスマホで24時間いつでもできますね。また、フリーダイヤル、携帯電話や自動契約機、店舗窓口でも融資の申し込みができます。急ぎでなければ郵送での申し込みも可能です。カードローンの申込みをする場合は、自分が申し込み可能かどうか申し込み条件を確認してください。カードローンの中には無職の専業主婦や、年金受給のみの無職の方、また、無職で仕送りのみの収入しかない学生さんが申し込めるものもあれば申し込めないものもあります。申し込み資格に適っていなければ申し込んでも融資を受けることはできませんので、最初にしっかり確認してください。

 

もし、ネットでカードローンに申し込む場合は、消費者金融や銀行のカードローン申し込みページから申し込みフォームに必要事項を入力してから申し込みをします。仮審査はコンピュータによる自動審査なので仮審査の結果はすぐにわかります。仮審査の融資可能かどうかの結果はメールで送られてくる場合もあれば、電話で連絡がある場合もあります。この連絡でカードローンの仮審査に通ったことがわかったら、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認を送付します。また、限度額によっては、源泉徴収票などの収入証明書を送らないと融資を受けられないこともあります。

 

電話をかける

無職の専業主婦が申し込む場合は、楽天銀行のカードローンのように専業集専用の申し込みページがある場合もあります。必要事項を入力してから、送信してください。無職の専業主婦の方でも、銀行カードローンに申し込むなら、本人確認書類だけで審査が受けられ融資も可能です。消費者金融に無職の専業主婦が申し込んで融資を受けたい場合は、本人確認書類以外に配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類も必要になります。借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になる場合もあります。仮審査に受かったら、これらの書類を送付してください。

 

カードローンの申し込みフォームには、勤務先や勤務形態、勤続年数などについて記入する部分がるので、無職の方は原則申し込めないのですが、上記に書いたように無職の専業主婦や年金受給のみの無職の方も申し込み融資してもらえるカードローンがあります。年金受給のみの無職の方がカードローンに申し込む場合は、申し込みの際、年間で受け取れる年金の額を申告する必要があります。

 

本人確認書類を送る前後のタイミングで在籍確認がありますが、無職の方が申し込む場合は、勤務先がないので、自宅か連絡先として申告した電話番号に電話がかかって本人確認が行われます。この後、金融機関は信用情報機関に申し込み者の信用情報を照会します。この際に、はなはだしい延滞の記録や債務整理の記録が残っていると、銀行や大手消費者金融から融資を受けることはほぼ無理です。中小の消費者金融の中には融資をするところもあるようです。

 

カードローンは審査が早いので、申込みから本審査の結果がわかるまでは30分程度です。本審査の結果はメールか電話で連絡があります。契約内容を確認して問題がなければ、契約手続きをしてください。振込みの形ですぐにお金を融資してもらうことができます。カードローンは申し込みから融資までとても簡単な流れですが、在籍確認や提出書類は審査をスムーズにして融資を受けるのにとても重要なので不備のないように十分気を配ってくださいね。

 

ところで、現在は無職だけど、勤務先は決まっているとか、失業したけれど失業保険(雇用保険)を受け取れることになっているという方がカードローンで融資してもらおうと思う場合は、どうしたらいいでしょうか?まず、このような状況の人に融資をする銀行や大手消費者金融はないので、中小の審理できる消費者金融に融資が可能かどうか聞いてみてください。所定の書類を提出すれば、無職でもお金を融資してもらえることもあります。