レディースローン メリット デメリット

女性を対象にしたレディースローンで借りるメリットとデメリット

消費者金融の中には女性を対象にしたレディースローンというのがあります。レディースローンで借りるメリットの一つは、銀行や大手消費者金融のカードローンよりも審査が緩いのでお金が借りやすいという点です。また、女性スタッフが対応してくれるので、電話や店舗での相談が気楽にできます。レディースローンでは、無職の専業主婦でもお金を借りれるというメリットもあります。大手消費者金融では無職の専業主婦は借り入れをすることができません。

 

レディースローンのデメリットは審査が緩いぶん銀行カードローンよりも金利が高いということです。最高金利は18.0%あるいは20.0%です。銀行カードローンの最高金利は14.5%程度なのでかなり高くなりますね。無職の専業主婦が借りる場合は、限度額が低く設定されそのため金利も高くなります。また、無職の専業主婦がレディースローンで借りる場合は、提出書類も多くなります。提出書類として求められるのは、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のほかに、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類です。カードローンの借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になることもあります。無職なので多少審査に手間がかかるのはしかたありませんね。

 

それからレディースローンの中には無職の主婦やキャッシングになれていない女性を狙った闇金もあります。ソフト闇金といってはじめは親身に話を聞き、油断させたところで契約をさせ、あとは延々と不法な利息を取り続けます。銀行カードローンなら安心ですが、レディースローンのカードローンを利用するときには業者選びに注意してください。レディースローンにはメリットもあればデメリットもあります。両方をよく比較して失敗のないようにカードローンを利用してください。

 

茶髪の女性