総量規制対象外 カードローン

総量規制対象外のカードローンについて

カードローンの中には総量規制の対象になっているものとそうでないカードローンがありますね。総量規制は貸金業者のカードローン適用されるものなので、銀行や信用金庫のカードローンには適用されません。それで、これらの金融機関のカードローンは総量規制の対象外ということになります。

 

銀行カードローンは総量規制対象外なので、年収の3分の1までしか借りられないという規制がありません。これは大きなメリットですね。また、銀行カードローンの中には無職の専業主婦や無職の年金受給者の方が借りられるカードローンもあります。専業主婦の場合は自分は無職でも配偶者に安定継続した収入があれば申し込みができます。ただ、無職ということで、限度額は低く設定され金利も高くなります。でも、銀行ということで安心感がありますし、提出書類も少ないので利用しやすいと思います。

 

総量規制対象外の銀行カードローンなどはメリットも多いのですが、審査が厳しいというデメリットもあります。たとえば、中小の消費者金融の中には、失業中で現在無職の人にもお金を貸すところがありますが、銀行カードローンは全く収入がない無職の人にはお金を貸しません。失業して無職の状態だけれど、雇用保険を受け取れる見込みがあるなどという人でカードローンを利用したい場合は、中小の消費者金融を当たってみるほかありません。でも、そうした消費者金融の中には闇金も多いので十分注意してください。無職であればカードローンを利用しないのがベストですね。公的な貸付制度もありますのでそちらを検討してみてください。

 

コタツとネコ