在籍確認

カードローンやキャッシングの在籍確認について

カードローンやキャッシングの申込みをしたいけれど在籍確認が心配という方も多いと思います。在籍確認は、キャッシングやカードローンに申し込んだ人が本当に申告した職場で働いているかどうかを確認するための作業で、お金を貸す金融機関にとってはとても大事なものです。

 

電話

カードローンやキャッシングの在籍確認が行われるタイミングは金融機関によって多少違いがありますが、普通は申し込みをして本人確認の電話を受けた後あるいは、本人確認書類を金融機関が確認した後です。在籍確認は、金融機関が社名を出さずに個人名でかけてきます。ですから、自分がその場にいなくて他の人が電話に出たとしてもカードローンやキャッシングの在籍確認の電話だとは分かりません。自分が電話に出たとしても、住所や生年月日など簡単な確認だけなのですぐに終わり、周りの人はキャッシングやカードローンの在籍確認だとは気が付かないでしょう。

 

もし、無職の年金受給者や無職の専業主婦がカードローンなどに申し込んだ場合は、在籍確認はないので自宅か自分が連絡先として申告した電話番号に本人確認の電話がかかって来ます。この時も個人名でかけてきますので、家族が電話に出たとしても、キャッシングやカードローンの在籍確認の電話だとは分かりません。前もって頼んでおけば同窓会の案内その他の理由でかけてきてもらうこともできます。本人確認や在籍確認の電話をかけてきてもらう時間帯なども相談できます。

 

在籍確認は必ず行われるものなので、年金受給のみの方や専業主婦などの例外を除き、無職の人はキャッシングやカードローンに申し込みができません。無職の人がお金を借りたいがためにアリバイ会社を利用する人もいるようですが、実際には勤務していないのに架空の勤務先をキャッシングの申し込み書に記入するのは詐欺行為です。ですから、無職でもキャッシングの審査に通りたいからと言って、アリバイ会社を利用するのは絶対にやめましょう。